FC2ブログ

Epoch Circle 北九州の英会話スクール

エポック・サークルからの最新のニュース、インフォーメーションやトピックスです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RAFFLES HOTEL

シンガポール・スリングなる飲み物をご存知でしょうか。何でも、シンガポールにあるラッフルズホテルのバーテンダーが、最初に考え出したカクテルで、ジンをベースに10種類以上のフルーツジュースをミックスして作るそうです。このホテルを訪れるとロビーサイドにあるラウンジで殆ど全員が飲んでいるピンク色の飲み物に気がつくと思いますが、それがそのシンガポール・スリングで、なるほど、と感心するほど人気ものです。私は、酒が飲めないので一緒に訪れた人が頼んだものをちょっと舐めてみましたが、甘く、フルーティーな香りのするソフトなカクテルでした。

ラッフルズホテルは、1987年に国の記念建造物の認定を受け、かつては世界のトップ10ホテルの第一位にもなったことのある歴史あるホテルで、正にシンガポールの顔と言える味わいのあるホテルです。オセアニアの国々に行くときにはよくシンガポール航空を利用しますが、長いトランジット時間がある場合、殆ど、必ずこのホテルに遊びに行きます。いつもシンガポールは、ここだけで満足しています。

ところで、この間、ホテルに行ったときショップでTシャツを買ったのですが、そのシャツにこう書かれています-Where else should one partake of the Singapore Sling but at Raffles Hotel-色とデザインが気に入って買ったもので、意味なぞ余り考えなかったのですが、partakeってどういう意味なんでしょう。加わる、参加する と言う意味なのですが、それでは意味が少し変になります。それとは別に、飲む、食べると言う意味もあります。前置詞のof を伴って、partake of ~で、…を飲む、食べる、と言う意味になります。

やはり、ラッフルズホテルとシンガポールスリングは、最高にマッチしています。思い出すとまた、行きたくなります。
スポンサーサイト

人生の宝

先日、このブログの中で、イギリスへ1ヶ月のプチロングステイに旅立った、4人の中高年女性の話をしましたが、彼女たち、無事、帰還致しました。色々な体験をし、すばらしい思い出が出来た、と聞いております。肝心な英語の方は、‵そこそこ‵ だったようですが、対人(日本人以外の、特に、白人)への恐怖心が殆どなくなったことと、「何とかなるものだ」という自信が大きな収穫だったそうです。これから先、心の中に刻まれた数多くの思い出が、彼女たちの人生に、じわじわと決して乾かない地下水のように潤いを与えてくれることでしょう。困ったことは、もう、また直ぐにでも行きたいという気持ちが、高鳴ってきている事だそうです。

私自身、旅行を大きな生き甲斐の一つと感じております。旅の思い出は、生涯の友としていつも、心を暖めてくれます。旅行を全くせずにそれまで貯めたお金の額を、貯金通帳で眺めて喜ぶ楽しみと、旅の価値の比較は、人それぞれでしょうが、お金を持っての最後の旅行が冥土では、ちょっと悲しい気がします。

The fool wanders, the wise man travels.-English proverb
愚者は漫遊, 賢者は旅行。

旅を終え今思うこと

シンガポール経由「ニュージーランド8日間の旅」から帰ってきた。4年ぶりのクライストチャーチの町は、相変わらず、きれいな空気と緑に囲まれ、我々の滞在を思い出に残るものにしてくれた。また、4日間のドライブで味わった手付かずのニュージーランドの自然は、人間が手を尽くして作った美しさを遥かに超越する「何も足さない、何も引かない」美で我々を圧倒した。

旅行の楽しさは、その非日常性にあると思う。文化の違いがもたらすあらゆる驚きが、自分の立っている位置を教えてくれる気がする。その地に住んでいる人達とのふれあいを通して、いかに文化的にかけ離れているのか、そして、いかに人間として共通しているのか、延いては、人は、なぜ争うのか、何のために生きているのかなど、旅に於ける「自分探し」は、人生の修養の場でもある気がする。

帰国して家に帰り、再び、今まで続いてきた生活に戻る訳だが、ものの見方が毎回、少しづつ、違ってきていて、何ミリかでも成長して来ているよう感じるのは誤解だろうか。これからの自分がどうなっていくのか、「自分探し」の旅は、まだ道半ばである。

エポックサークルのホームページはこちらから

ニュージーランドへ

久しぶりの日記です。今年は、旅行を取りやめにしようかと思ったが、結局行くことになってしまった。訪問国は、ニュージーランド。二回目の旅行となる。一度目は、南北の島を訪れたが、今回は、南島に限った。前回に感じたのだが、一番気に入った町がクライストチャーチと景勝地、マウント・クックだ。クライストチャーチは、ガーデンシティーと言われるだけあって、きれいに手入れされた個人庭園や花で飾られた町並みが印象的だった。また、澄み切った青空にそびえるマウント・クックを初めて目にしたときの感動は、いつまでも忘れない。

ニュージーランドを訪れての第一の感想は、人の少なさである。国の全人口が、福岡県の人口よりも少ないことを知って驚いた。実際、南島では、町から田舎からほぼ島を一周ドライブしたが、車から見た人間の数は、極めて僅かであった。羊の数の方が、人間よりも多いと言う事実を実感した。

さて、ニュージーランドの英語であるが、前回の記憶ではそれほど苦労をした気がしないが、今回は、もっとローカルの人たちとコミュニケーションをしてニュージーランド英語を肌で感じてみようと思っている。同行する人たち(数人の英会話受講生)にも積極的に話をするよう勧めている。個人旅行なので全て自分たちでやらなければならないことになっていて、それがまた、海外個人旅行の面白さでもあると思っている。

出発間じか、ニュージーランド報告は帰国時に。

エポックサークルのホームページはこちらから

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。